移転先のブログへ toumei5.gif バラと草花の写真 toumei5.gif ドールサイズの着物作り方
*11cmほかドール服型紙を無料公開中*
11cm型紙11〜13cm型紙21〜23cm型紙(一部27cm着用可)
NEW27cm簡単着物21〜23cm簡単着物簡単アレンジゆかた(5サイズ共通)
参考:型紙はコンビニでプリントできます
・・・・・・・・・・

2011年08月06日

11cmドール服作り|フリルレースワンピ

はじめてのかたは 必読11cmドール服オリジナル製作と各部分の縫い方をお読みください。型紙はリトルダル+とリトルプーリップ+と同ボディサイズのdocolla(ドコラ)とプチブライスも合うサイズです。
______________________

フリルレースワンピを作ります
リトルダル+手作り服
100円ショップで見つけたフリルレースを使用しています。

型紙ダウンロードの前に<型紙の入手方法>を必ずお読みください

型紙ダウンロード画像:フリルレースワンピ(414KB)

【1】
型紙通りにレースを切り、ワンピのベースのポリエステル布表の下から1段目のところを、布の下1.8cmをレース表をのせて両端を4〜5mmずつ布より出して、ゴムの中心を半返し縫いでとめます。

【2】
2段目ベース布のゴムの下に合わせ、1段目と同じように両端を4〜5mmずつ布より出して、ゴムの中心を半返し縫いでとめます。
f2-s040frill01.jpg
表です

f2-s040frill02.jpg
裏です

【3】
3段目をベース布のゴム部の中心に置き、両端を4〜5mmずつ布より出して、レースのゴム部分を内側に折り、レースの上からゴムと一緒に半返し縫いでひと針ずつ縫っていきます。
f2-s040frill04.jpg

【4】
裏へ返して4〜5mmはみだしたレースを切りそろえます。
f2-s040frill05.jpg

輪にして中表で合わせ、2本取りで後ろわきをかがります。そこが後ろ中央です。
f2-s040frill06.jpg

【5】
肩ひもは型紙に説明を書いています。
付け方は両端を前中心で横にそろえて6〜7mm縫いとめますが、布の伸び加減をみてドールに合わせて調節してください。
f2-s040frill07.jpg

まん中にスナップ凸をつけて、
f2-s040frill08.jpg

表へ返し、後ろ中心にスナップ凹をつけて仕上げます。
f2-s040frill09.jpg

水色は1.3cmレースを5段(少しランダムに)つけています。
f2-s040frill10.jpg
このゴムはきれいなので折り返していません。このように材料に合わせてアレンジしてみてください。

f2-s040frill11.jpg
バッグの作り方は同じレースを使用し、長さ5.5cm×2枚用意します。

【1】
上のゴムを3mm切り取り、ほつれを少し除きピケを塗って乾かしておきます。
ピケが乾いたら2枚とも表にして1枚を上に3〜4mmずらして置いて、中表で輪にして両端を合わせて少し切りそろえてから かがります。

【2】
上にあるレースのすそを なみ縫いして表に返して輪にした状態で1cmぐらいに縮めて結びます(底)

【3】
かがったところが後ろになるようにし、底の縮めたところを合わせて かがります。

【4】
上レースのゴム部を内側に折り込んで、待ち針を中にあるレースの上部のゴムに止め、そこを巻き込んで かがります。

【5】
バッグの手提げひもはポリエステル布4.5cm×1.5cmを三つ折りで なみ縫いします。
(または細いリボンがあれば代用しても)

写真のように向かい合わせにつけて仕上げます。
リトルプーリップ+手作り服

プチブライス手作り服

100円ショップでの11cmドール材料チェックポイント

簡単アレンジゆかたに続き、シリーズ2を開始しました。これから徐々に埋めていく予定です。
シリーズ2設置とともに嬉しいメッセージをいただきましたので、今回は100円ショップでの11cmドール材料チェックポイントをまとめておきます

◆フリルレース
100円ショップの手芸売り場にて。手芸売り場は使えそうな材料のほか、意外と使えない材料(厚手で幅の短いレース)があったりします。

◆100円のショーツ
これまで特に触れませんでしたが反響をいただいたので追記しておきます。
100円では生地が薄すぎることが多々ありますが、選べば夏のインナーなどに使っています。

◆メンズの革ジャケット
薄手でやわらかい合成皮革のポーチや小銭入れ。

◆おゆまる靴のデコ材料
ネイル用のストーン(埋め込みタイプ)は使えますが、100円のネイルデコシールは接着しづらいです。瞬間接着剤を使えばつくかもしれませんがまだ試していないので後日追記します。

◆アクセサリー作りには「指カン」
お手持ちの不要になったストラップやキーホルダーを解体してアクセサリー作りをされる場合、「ペンチ×2」または「ペンチと指カン」が必要な場合があります。指カンは100円ショップでも売られていたりするそうです。

アクセサリー作りの詳細は近日公開予定ですが、カニカンは微妙にサイズに差があります。大きなサイズはチェーンベルトに、小さなサイズはネックレス用にと使い分けをしています。
f2-s038neck06.jpg
カニカンが詰まったセットを購入される際はサイズにご注意ください。
77-16,Soragaokaトップページへ